So-net無料ブログ作成
検索選択

北島康介「言葉にならない…」愛妻と長女の前で…5大会連続五輪に暗雲 [スポーツ]

スポンサーリンク




北島康介.jpg

「競泳・日本選手権」(5日、東京辰巳国際水泳場)

 2種目で決勝が行われ、男子100メートル平泳ぎは04年アテネ、08年北京大会連続2冠の北島康介(33)=日本コカ・コーラ=が、59秒93で2位。優勝した小関也朱篤(24)=ミキハウス=とともに派遣標準記録(59秒63)に届かず、リオ切符は200メートル平泳ぎ(7日に予選と準決勝、8日に決勝)に持ち越しとなった。

 あまりに残酷な結末が待っていた。タイムを確認した北島は、ゴーグルをかけたまましばらくうつむいた。「言葉にならない…」。会場で愛妻と長女が見守る前で、吉報を届けられなかった。

 夏季五輪では日本最多タイとなる5大会連続五輪は、手の届きそうなところまできていた。4日の準決勝では派遣記録を突破してトップ通過。決勝でも再現すれば-誰もがそう思ったが、4年に1度の重圧、期待、ライバルの影がちらつく。決勝では「自分のスピードを過大評価した」と守りに入ってしまい、唇をかんだ。まな弟子のらしくないレースに、平井コーチは「集中して野獣になれなかった」と残念がった。

 復活への道のりは順調だった。近年は精彩を欠き、昨年まで2年連続で代表から落選。引退も考えたが、平井コーチから「燃え尽きてないんじゃないのか」と諭され、再び火がついた。

 本来の泳ぎを取り戻すためには練習しかなかった。昨年11月以降2度の高地合宿に臨み、40度の熱を出すほど体を限界まで追い込んだ。年明けから徐々にタイムを上げ、準決勝では3年ぶりに59秒台に乗せるなどスピードは戻ってきていた。

 リオ五輪への望みはまだある。一度はスタミナへの不安から断念も考えた200メートル平泳ぎも、体力強化の一環でしっかり準備してきた。「やっといて良かった。自信はある。派遣(標準記録)を必ず切って2番以内に入る。気持ちを切り替えて…頑張ります!!」。土壇場で何度も底力を発揮してきた33歳は、自分に言い聞かせるように叫んだ。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000003-dal-spo

残念北島康介!!平泳ぎ100メートル敗退。
頑張ってお願いします!!もう一回聞きたいですね。
オリンピックでの北島節!!


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。