So-net無料ブログ作成
検索選択

ソフトバンク 日本ハム・田中賢の“危険走塁”で意見書提出へ [スポーツ]

工藤監督意見書.jpg

ソフトバンクが3日の日本ハム戦(東京ドーム)の6回、二塁上のクロスプレーで川島慶三内野手(32)が負傷退場となった田中賢介内野手(34)のスライディングについて、4日以降にパ・リーグ連盟に意見書を提出する意向を明らかにした。 

 工藤監督が「危険行為ではないか」と5分間にわたって審判団に詰め寄った問題のシーンは1点リードの1―0の6回無死一、三塁の場面。中田の三ゴロを処理した松田から二塁手・川島に転送されたところに走者・田中賢が衝突。川島は右下腿部打撲で負傷交代、そのまま都内の病院へ直行した。

 球団は試合後「審判は『ベースに行っている』との判断でしたが、映像を見直すと明らかに走路を外れている。(田中賢のスライディングは川島の)両足に行っている。ベースに行っているようには見えない。明日(4日)以降、連盟に意見書を提出します」(三笠球団統括本部副本部長)と明言。本塁での衝突プレーを禁じたコリジョンルール以外にも“危険なスライディング”についての問題定義をしていく意向を示した。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000027-tospoweb-base

工藤監督は、監督として指揮官として立派だと思います。
危険なのはキャッチャーだけではなく、ダブルプレーの時のクロスプレーもかなり危険なプレーなので、やめるべきであると私も思います。
この講義は認められるためであり、選手の選手生命を管理するのも指揮官の仕事だと思います。
工藤監督に賛同します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

絶対王者の羽生はなぜ敗れたのか [スポーツ]

羽生結弦2.jpg

まさかの結末だった。

 フィギュアスケートの男子シングルフリーが現地時間1日に米国ボストンで行われ、
ショートプラグラムで2位のフェルナンデスに12点もの差をつけて首位に立っていた羽生結弦(21歳、ANA)がジャンプでミスを重ね、184.61点でフリー2位となり、計295.17点で、216.41点をマークし、計314.93点にしたハビエル・フェルナンデス(24歳、スペイン)に逆転優勝をさらわれた。絶対王者、羽生は惜しくも2位に終わった。

 冒頭の4回転サルコーの着氷でバランスを崩して手をつくと、続く4回転トウループは成功したものの、出来栄え点は、1.71しか奪えない。華麗さに欠けた。どこか不安定なまま、後半の4回転+3回転のコンビネーションジャンプでは、4回転サルコーで転倒した。
 3回転ループ、3回転ルッツという確実に成功させるべき、ジャンプも思うような出来栄え加点を得ることができず、スピンでもレベル4の評価を揃えることができなかった。

 元全日本2位で、国際大会のメダル経験も持っていて現在、後身の指導に当たっている中庭健介氏も、技術面のミスを指摘した
「羽生選手にすれば珍しいミスが目立った。体が揺れてどっしりとしたスケーティングができていなかった。その不安定さが不安定な踏み切りにつながり、空中姿勢で軸がぶれ、着氷が右によれたり左によれたりと不安定だった。
 修正能力の高い羽生選手は、なんとか安定させようと試みたため、無駄な体力を使った。そこから生まれる疲労度は、またスケーティングの不安定につながるという悪循環を繰り返した。不安定なジャンプではGOE加点を得ることができず、単純にふたつのジャンプを成功しなかっただけには留まらなかった」
   

 では、なぜ、不安定な滑りを生み出すことになったのだろうか。

中庭氏は、「通常の場合、体調面を含めたコンディションの不良か過度の緊張が影響する」という。

 羽生自身は、試合後、「きょうは緊張の質の違いに適応できなかった」と語った。では、その緊張の質の違いとは何なのか。滑走順なのか、それとも今季、世界歴代最高得点を叩き出し、負けられないという王者の誇りが重圧に変わったのか、それとも、デニス・テンに公式練習中に進路を邪魔されたことに怒りをあらわにした問題が、メディアも巻き込み想像以上に大きな問題へと発展したことへの戸惑いが緊張へと変わったのか。また、左足首を痛めていたという情報もあり、SPでは効いたごまかしが、4分半のフリーではできなかったのかもしれない。

 中庭氏は、「何が原因なのかは本人以外にはわからないことでしょうが、結果的に集中力の欠けた演技になってしまいました。ただジャンプのミスさえなければ、羽生選手が優勝していました。オリンピックのプレシーズンとなる来季に向けて、羽生選手が、今回の反省を元にどんなことを考え、どんなチャレンジをするかに注目したいと思います」という。

 世界歴代最高得点を更新した羽生の今シーズンが敗北で終わったことは2年後の平昌でオリンピック連覇の偉業に挑む“絶対王者”にとって得がたい教訓になったのかもしれない。

羽生選手がまけてしまいました。
よく頑張っていましたが、ジャンプをことごとく失敗しては勝てないでしょう!!
絶対王者でもミスはあるものです。
それが人間であり、勝負は時の運といわれるところでもあるでしょう!!
王者らしく堂々と戦ってほしいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

浅田真央「復帰しない方がよかったかと思った時も」 [スポーツ]

浅田真央1.jpg

世界選手権のフリーを終えた浅田真央の一問一答は次の通り。

 ――演技を終えて

ほーっとしました。ただそれだけでした。

 ――どんな気持ちで滑っていたか

 やっぱり世界選手権という大きな舞台で、ショート(プログラム)が自分の思うようにいかなくて、「あー、すごい何やっているんだろうな」って。いつもだったら多分落ち込んでいたと思うんですけど、ちょっと違う気持ちだったので、もう一度気持ちを切り替えて、フリーは自分を信じるしかないと思って滑りました。

 ――最初のトリプルアクセルについて

 ショートで失敗したけど、いつものような回転が回らないという失敗ではなかったので、すごい失敗とは思っていなかった。朝の練習から、本番では落ち着いていこうと思いました。

 ――違う気持ちとは?

 いつもだったら、ぐんと落ち込んでしまうんですけど、色々経験してきた分、気持ちはうまく切り替えられたかなと思います。

 ――「競技の厳しさが恋しくて戻ってきた」と言っていたが、1年を振り返って満喫できたか?

 復帰してなかなかうまくいかないことの方が多くて、復帰しない方がよかったのかなと思っている時もありました。自分たちの時代は終わったのかなという風にも思ったんですけど。

 復帰した時は、選手である以上は(順位で上位を)目指すというのが当然と思っていたんですけど、自分がこう、なかなか思うような演技ができなくて、結果も付いて来ない中、もうちょっと違う考えを持とうかなと思った。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000020-asahi-spo

真央ちゃんお疲れ様でした。
そうだね、真央ちゃんの気持ちはわからないから、自分の気持ちを大事にしてがんばったらいいと思います。
この結果はちょっと残念な気はしますが、仕方がないですよね。
今後に期待しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

松元絵里花が水着でエイッ「ノーバンのはずが…」 [スポーツ]

松元絵里花.jpg

<日本ハム3-4ソフトバンク>◇2日◇東京ドーム

 三愛水着楽園イメージガールの松元絵里花(20)が、人生初のファーストピッチを務めた。

ピンクの水着にショートパンツでマウンドに立つと、投球前にはボールにキス。ワンバウンドで捕手のミットにおさまった。

 かつて菜々緒、久松郁実、朝比奈彩ら歴代人気モデルを輩出した同イメージガールの15代目となる松元は「緊張したぁ。ノーバンのはずだったのに、(地面に)ついちゃいました」と悔しがった。ダッグアウト裏では、大谷翔平投手(21)の大きさに驚き「年齢がひとつしか違わないのにすごい。身長も大きかったです」と話していた。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000140-nksports-base

野球の始球式ってこんなに華やかでしたっけ?
時代のながれでしょうか?
いい時代ですね、球場に花が咲いたみたいでいいですね。
こういう始球式を増やしていったほうがいいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

早実・清宮、高校通算36号!12戦14発のハイペース [スポーツ]

清宮幸太郎.jpg

◆高校野球春季東京都大会 ▽1回戦 早実12x―2町田=6回コールド=(2日・神宮第二)

 早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎外野手が2日、2年生初の公式戦で高校通算36号を放った。春季東京都大会1回戦の町田戦(神宮第二)に「4番・中堅」で出場し、右越えソロを放つなど3打数2安打2打点。6回コールド発進に導いた。今年から「4番」に座り、練習試合を含む7日間計12試合で毎日の14発を量産。センバツは不出場も、高校球界の中心には清宮がいる。

 センバツを逃した清宮にも球春が訪れた。今年初の公式戦。「久しぶりにソワソワした感じが楽しかった。またこの季節がやって来たなって感じ」。2年生になった怪物のバットはさらに破壊力を増していた。高く舞った白球は、右翼後方のスコアボードより上部のネットを直撃。滞空時間の長い推定110メートル弾に、一塁側ベンチの和泉実監督(54)は「どこまで行ったか、見えなかった」と仰天した。

 4点リードの5回先頭。カウント2―2から7球目の高めカーブを「ちょっと、こすっちゃった」。それでも飛距離は十分すぎた。直前の右翼への特大ファウルは隣接する神宮の左翼席まで届き、ヤクルトの打撃練習中の周囲を驚かせた。

 登録では体重97キロで昨年と同じだが、「1、2キロ増えている。基本的な筋力アップをしてきた成果。打球が上がるようになった。軽く振っても飛ぶ」。バットを横に寝かせた始動に変え、3月の対外試合初戦から計7日間12試合で毎日の14発。2年春で早くも高校通算36本に伸ばした。「今まで80本くらいと言っていたので、それくらいは」。史上最多とされる神港学園・山本大貴(現JR西日本)の107本を上回る気配も漂う。

 一塁から転向した中堅では初補殺。4回1死一、二塁で中前打をはじいたが、背番号8は本塁を狙った二塁走者を冷静に刺した。

 テレビに映るセンバツに胸を焦がした。「何でこんなところで練習しているんだと。甲子園に行く、行かないで大違い。夏に向け、しっかりやっていきたい」。4日に2回戦(対昭和、神宮第二)。今年も清宮の季節が到来する。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000184-sph-base

清宮選手がすごいですね。
高校生のホームラン記録を抜くのは時間の問題でしょうね!!
甲子園での活躍を期待していますので、夏の大会に向けて練習しているでしょう!!
とてつもない選手になってもらいたいです。
ゴジラ松井を超える選手になってもらいたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央の復活は険しい 9位発進に「次頑張る」逆襲宣言 宮原、本郷は好調 女子SP [スポーツ]

浅田真央.jpg

フィギュアスケート世界選手権・第2日(3月31日=日本時間4月1日、米マサチューセッツ州ボストン)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、2季ぶり出場の浅田真央(25)=中京大=は65・87点で9位と出遅れた。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れ、手をつく失敗が響いた。前回銀メダルの宮原知子(18)=関大=は6位、昨季6位の本郷理華(19)=邦和スポーツランド=は7位。グレーシー・ゴールド(米国)が76・43で首位に立った。女子フリーは4月2日(日本時間3日)に行われる。

 やはり復活の道のりは険しいようだ。練習ではあれほど高い精度で決まっていたトリプルアクセルが決まらなかった。

 「すてきなあなた」の曲調に乗り、冒頭で飛んだ。しかし、やや思い切りが足らず、回転不足での着氷。バランスを崩して手をついた。今大会では浅田しか飛べない高難度ジャンプに期待していた場内から、ため息が漏れた。

 ただ、いつもならここで痛々しい雰囲気になるところだが、この日は違った。気分を入れ替えたように滑り続け、続く3回転-2回転の連続ジャンプはきれいに成功。最後の3回転ループも完璧なバランスではなかったが、こらえて着氷した。

 円熟味を増したステップや表現力は、失敗の痛々しさを覆い隠し、滑り終わると観客席から大きな声援。悔しそうな表情をみせたが、悲壮感を感じさせない照れ笑い。これも成長といえるのかもしれない。「最初のジャンプは悔やまれるけど、他の部分は自分の滑りができた。きょうはこんな感じかなと思う」と浅田。キス&クライでは佐藤信夫コーチに「次、頑張ります」と宣言した。

 同コーチによると、浅田は左ひざに違和感を抱えており、練習も十分にこなせなかったという。大会は6人が70点以上を記録する高得点ラッシュとなった。上位陣が混戦となっていることから、フリーでジャンプを決めることができさえすれば、上位に食い込むことも十分可能だ。

 宮原も調子はよかった。ほぼ完璧と思われる演技で70・72点を記録。自己ベストには1・76点届かなかったが、首位ゴールドには5・71点差。逆転圏内だ。

 「もう少し高い点を目標にしていたけど。悪くはなかったかなと思ったけど、やっぱりジャンプでは緊張した。練習ほどよくはなかった。もう少し改善するところがある。フリーで挽回したい。気持ちを切り替えたい」と力を込めた。後半の3回転フリップで回転不足を取られたのが痛かった。

 本郷もミスのない演技。69・89点でフリーに期待がかかる。

 ■女子SP成績

 (1)グレーシー・ゴールド(米国) 76.43点

 (2)アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 73.98点

 (3)エフゲニア・メドベージェワ(ロシア) 73.76点

 (4)アシュリー・ワグナー(米国) 73.16点

 (5)エレーナ・ラジオノワ(ロシア) 71.70点

 (6)宮原知子(関大) 70.72点

 (7)本郷理華(邦和スポーツランド) 69.89点

 (8)ガブリエル・デールマン(カナダ) 67.38点

 (9)浅田真央(中京大) 65.87点

 (10)長洲未来(米国) 65.74点

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000004-ykf-spo

浅田真央厳しいですね。
復活はできないのか?
伝家の宝刀のトリプルアクセルも失敗しては全然だめだと思います。
応援はしますが、結果がすべての世界で生きていくには・・・?
フリーの結果が楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生“妨害”疑惑にテンとコーチが反論「どちらに罪があるというわけではない」 [スポーツ]

羽生結弦1.jpg

米ボストンで開催中のフィギュアスケート世界選手権でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=が公式練習中に同銅メダリストのデニス・テン(22)=カザフスタン=に“妨害”を受けたとされる問題で、テンと、そのコーチを務めるフランク・キャロル氏が3月31日(日本時間4月1日)、疑惑に反論した。

 問題は男子SPが行われた現地時間30日の公式練習で起こった。羽生がSP「バラード第1番」の曲掛けの練習中に、ジャンプに向かう軌道上でテンがスピンを行っていた。曲が掛かっている時はその選手の動きを優先するのがマナーとなっており、羽生は「それはねえだろ、お前!」と声を荒げ、その後のトリプルアクセルで転倒。右手で壁を叩いて怒りを露わにした。29日の練習でも同様の場面があり、SP首位発進後には「ビデオで見たけどあれはたぶん故意だと思う」と、指摘していた。

 これに対し米フィギュア専門サイトのicenetworkが報じた中でテンは「誰かが叫んで通り過ぎるまで気づかなかった」と問題のシーンを振り返り「問題があったとは思わない。私たちはお互いぶつかりはしなかった。練習では6人の選手がリンクにいる。時々近づきすぎてしまうことはある」と、故意の“妨害”の意図はなかったと説明した。

 また、キャロルコーチは、カザフスタンメディアのVesti.kzのインタビューに応じ「どちらに罪があるというわけではない。こういうことはよく起こる」とした上で「羽生は経験豊富な選手で、オリンピックチャンピオンだ。その時、デニスと障壁まで十分なスペースがあり、トリプルアクセルを行う前に方向を変更することは難しくなかったが、羽生はそれをしなかった」と、主張した。

 そして羽生が14年11月の中国杯で6分間練習中に閻涵(中国)と衝突事故、昨年12月の全日本選手権の練習中に村上大介と激突していることを挙げ「そしてここではデニスと。私には衝突がパターンになっているように思える。3度も起きるというのは奇妙だ」と、指摘。両陣営の主張は平行線をたどった。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000001-dal-spo

羽生選手が悪いと言っているようにしか聞こえない。
これは、問題ですよなめられている日本人を馬鹿にしているようにしか思えない。
ルールがどうなっているのかちゃんと調べて強く抗議してほしい。
チャンピオンだから、いろいろ大変でしょうけど選手を守るのも首脳陣の仕事でしょ!!
選手が安全に滑れるようにしてください。
こんなことに負けずに頑張ってほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マー君、野茂以来の2年連続開幕投手 ジラルディ監督が発表 [スポーツ]

マー君.jpg

ヤンキースのジョー・ジラルディ監督(51)が31日(日本時間1日)、4日(同5日)のアストロズとの開幕戦(ヤンキースタジアム)に田中将大投手(27)を先発させると発表した。開幕投手を務めるのは、昨年に続き2年連続。日本投手が2年連続で開幕投手を務めるのは、03、04年のドジャース・野茂以来2人目となる。

田中は昨年10月に右肘骨片除去手術を受け、今春のキャンプイン当初はリハビリプログラムに従って慎重に調整を進めてきた。オープン戦では5試合(うち1試合は降雨ノーゲーム)に登板し、1勝1敗、防御率7・36。

 23日のナショナルズ戦は4回9安打7失点と苦しむ場面もあったが、オープン戦最終登板となった29日のフィリーズ戦では、4回で7安打を浴びながらも1失点と粘りの投球。田中も「粘って打者を抑えることができたことはシーズンを迎えるにあたってよかった。もう開幕を迎えても問題ない。あとはいつ投げるかという問題だけなので、そこに向けて準備をしていくだけ」と話していた。

引用:http://dietnavi.com/pc/

マー君すごいですね!!野茂秀雄選手以来の2年連続開幕投手。
マー君もすごいですが、野茂秀雄もすごい!!
日本の投手はすごく優秀ですね。
さすがです。日本を代表する選手ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【速報】錦織 2年ぶり4強、崖っぷちからの大逆転勝利<男子テニス> [スポーツ]

錦織圭1.jpg

男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は31日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が第16シードのG・モンフィス(フランス)に4-6, 6-3, 7-6 (7-3)の逆転で勝利し、2年ぶりのベスト4進出を決めると同時に、マスターズ初優勝まであと2勝とした。

この試合、第1セットの第1ゲームでモンフィスにブレークされた錦織。第4ゲームではブレークバックに成功し、ゲームカウント2-2と追いつくも、続く第5ゲームで2度目のブレークを許して、今大会初のセットを落とした。

第2セットでは第4ゲームで錦織がブレークし、その後はリードを守ってセットカウント1-1とする。

勝敗を決めるファイナルセットでは一進一退の攻防が続く中、第10・第12ゲームでモンフィスにマッチポイントを握られる。しかし、この大ピンチを切り抜けると錦織が主導権を握り始め、タイブレークの末に勝利を手にした。

両者は今回が2度目の対戦で、錦織は対モンフィス戦を2連勝とした。

準決勝では、第12シードのM・ラオニチ(カナダ)と第24シードのN・キリオス(オーストラリア)の勝者と対戦する。

錦織らが位置するボトムハーフ(対戦表の下半分)とは反対のトップハーフ(対戦表の上半分)では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第15シードのD・ゴファン(ベルギー)が準決勝へ駒を進めている。

今大会は第3シードのR・フェデラー(スイス)が胃のウイルス性疾患で棄権。さらに第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と第5シードのR・ナダル(スペイン)が初戦敗退、第2シードのA・マレー(英国)は3回戦で敗れ、トップ5シードで4選手が早期で姿を消した。錦織にとってマスターズ初優勝のチャンスとなっている。

26歳の錦織は、過去のマスターズで2014年のムチュア・マドリッド・オープン準優勝が最高成績。その時はナダルと決勝で対戦するも、怪我により無念の途中棄権を強いられた。

マイアミ・オープンでは2014年にフェデラーらを破り4強入り。昨年は準々決勝でJ・イズナー(アメリカ)に敗れた。

今シーズンは1月の全豪オープンで2年連続3度目の8強入り、2月のメンフィス・オープンでは大会史上初の4連覇を達成。前週まで行われたBNPパリバ・オープン男子ではナダルに敗れるもベスト8へ進出した。

一方、敗れたモンフィスはこれまでキャリア通算5大会で優勝しており、世界ランキングでは2011年の7位が自己最高。グランドスラムでは2008年の全仏オープンでベスト4へ進出している。

今大会では初戦の2回戦で予選を勝ち抜いた伊藤竜馬(日本)、3回戦で第23シードのP・クエバス(ウルグアイ)、4回戦で第26シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を下しての勝ち上がりだった。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00010000-tennisnet-spo

錦織圭選手は、最高に強いですね。
近頃は思い通りに試合に勝てないみたいですね。
だけど、日の丸を背負い日々努力している錦織選手は日本の誇りですよね。
今後の試合も期待して応援します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生 テンの“マナー違反”に怒りあらわ「それはねえだろ、お前!」 [スポーツ]

羽生結弦.jpg

フィギュアスケート世界選手権(米マサチューセッツ州ボストン)に出場する14年ソチ五輪男子金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、21=ANA)が珍しく怒りをあらわにした。

30日(日本時間31日)の男子ショートプログラム(SP)を前に、同日昼にサブリンクでの公式練習に参加。SP使用曲「バラード第1番」を流しての滑走中、デニス・テン(22=カザフスタン)が羽生の滑りを妨げる場所でスピンをしており、羽生は「それはねえだろ、お前!」と声を荒らげた。

 前日(29日)、本番会場での公式練習でも、羽生は曲がかかっている最中にテンと接触しそうになり、演技を中断せざるを得なかった。通常5~6人で行われる公式練習では、曲をかけて滑っている選手が優先されるという暗黙のルールがある。2日連続での“マナー違反”に我慢ができなかった様子の羽生だが、サブリンクを去る際には笑顔が戻っていた。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000156-spnannex-spo

羽生選手が怒りを見せるのは珍しいですよね。
一流選手にはついてまわる嫌がらせというやつでしょう。
こんなことで乱される選手ではないと思いますので、頑張ってくださいね!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。